検索
  • 唐澤 太郎

外食→中食→宇宙食!?“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ

みなさま、ご存知の通り、飲食店の皆様は、コロナ渦で大変な逆境に

置かれています。国からの補助が出るとはいえ、名指して、コロナ対策の急所と指摘され

未来を見出せることなく、廃業に追い込まれた方も多数おります。

外食-中食-宇宙食!?-名古屋めし-が宇宙食に認証-春から国際宇宙ステーションへ

まさにこの令和の世界的恐慌の時代


外食産業でお世話になり、今がある当社として、何かできないのか?を

日々悶々としながら考えていたところ、下記のニュースをNHKで目にしました!


下記プレスリリースの原稿より抜粋↓


“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ


この度、株式会社サガミホールディングス(本社:名古屋市守山区八剣2-118 代表取締役社長 伊藤 修二)は、相模女子大学(神奈川県相模原市南区)と石田缶詰株式会社(静岡県焼津市)の三者共同により研究開発した「名古屋コーチン味噌煮」が、1月18日に宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)より「宇宙日本食」としての認証を取得したことをお知らせします。

当社は、新たな価値創造への挑戦及び有事の際の食のインフラとしての責務を果たすべく(長期保存の可能な防災食としての観点)、2017年より3者共同にて宇宙日本食の開発を進めてまいりました。

この度、厳しい安全・品質基準による審査を経て、2021年1月18日宇宙日本食に認証されました。これにより、『名古屋コーチン味噌煮』はJAXAが管理する国際宇宙ステーション(ISS)食品リストに加えられ、ISSに滞在する宇宙飛行士が希望した場合に、ISSで宇宙食として活用される事となります。 開発にあたっては、相模女子大学、石田缶詰株式会社の協力のもと、食を提供する当社の“味”、“健康”への拘りを追求しつつ、宇宙での食環境や栄養の問題を検討し、宇宙飛行士のパフォーマンスを維持・向上させることを目標に取り組みを進めました。大きな特徴としては、東海地域の食材でもある、当社から飼料の一部を提供し育てた「サガミ純鶏 名古屋コーチン」や「八丁味噌」を使用していること、食感、噛み応えを残し宇宙空間でのストレス軽減を目指したことと、常温でも美味しく食べることができる点があります。 なお、2021年3月頃よりグループ各店舗にて販売を予定しております。 当社グループは、今後、宇宙食開発のノウハウを活かしつつ、さまざまな食機会に対応できる食品の応用、開発に取り組むとともに、料理、おもてなしといった本来の価値を追求し、よりお客様に満足していただける企業を目指して参ります。 【株式会社サガミホールディングスについて】 グループビジョンに ”No.1 Noodle Restaurant Company” を掲げ、 「和食麺処サガミ」「味の民芸」「どんどん庵」などの和麺レストラン業態を中心に展開しております。 今後も、国内外での更なる展開に向けて取り組んでまいります。


“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ 2021年1月22日 4時52分(NHK)

「名古屋コーチン」や「八丁みそ」などいわゆる名古屋めしの食材を使った料理が、JAXA=宇宙航空研究開発機構から宇宙食に認証されました。ことしの春ごろから国際宇宙ステーションに滞在する予定の宇宙飛行士、星出彰彦さんに提供される見通しだということです。 宇宙食に認証されたのは名古屋市の和食チェーン、サガミホールディングスが静岡県の食品メーカーや神奈川県の大学と共同で開発した新たな料理です。 地鶏の「名古屋コーチン」などの食材を愛知県特産の「八丁みそ」で煮込んだもので、今月、JAXA=宇宙航空研究開発機構から認証されました。常温でもおいしく食べられるよう味の濃さなどが調整されているほか、一般的な宇宙食は流動食が多いことから、歯応えを感じられるように煮る時間なども工夫されているということです。 この宇宙食はことしの春ごろから国際宇宙ステーションに長期滞在する予定の宇宙飛行士、星出彰彦さんに提供される見通しだということです。 開発したサガミホールディングスは「新型コロナウイルスで明るい話題がない中、外食産業全体を盛り上げるきっかけにしたい。いずれは店舗での提供や販売も進めたい」と話しています。



【株式会社サガミホールディングスについて】

グループビジョンに ”No.1 Noodle Restaurant Company” を掲げ、 「和食麺処サガミ」「味の民芸」「どんどん庵」などの和麺レストラン業態を中心に展開しております。

今後も、国内外での更なる展開に向けて取り組んでまいります。


(NHKのホームページより抜粋)

“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ

2021年1月22日 4時52分

「名古屋コーチン」や「八丁みそ」などいわゆる名古屋めしの食材を使った料理が、JAXA=宇宙航空研究開発機構から宇宙食に認証されました。ことしの春ごろから国際宇宙ステーションに滞在する予定の宇宙飛行士、星出彰彦さんに提供されることですとのことです。

 → https://astro-mission.jaxa.jp/hoshide/ 

宇宙食に認証されたのは名古屋市の和食チェーン、サガミホールディングスが静岡県の食品メーカーや神奈川県の大学と共同で開発した新たな料理です。


地鶏の「名古屋コーチン」などの食材を愛知県特産の「八丁みそ」で煮込んだもので、今月、JAXA=宇宙航空研究開発機構から認証されました。常温でもおいしく食べられるよう味の濃さなどが調整されているほか、一般的な宇宙食は流動食が多いことから、歯応えを感じられるように煮る時間なども工夫されているということです。


この宇宙食はことしの春ごろから国際宇宙ステーションに長期滞在する予定の宇宙飛行士、星出彰彦さんに提供される見通しだということです。


開発したサガミホールディングスは「新型コロナウイルスで明るい話題がない中、外食産業全体を盛り上げるきっかけにしたい。いずれは店舗での提供や販売も進めたい」と話しています。



編集後記)


上記記事を拝見し、早速アポイントメントを頂戴して、同社を訪問させて頂きました。


商品開発秘話として、宇宙食の開発の前に、宇宙一の手羽先を決める手羽先サミットが、

例年、名古屋市内で開催されており、そのグランプリに、サガミ様は殿堂入りを

果たされました。


そのグランプリが、殿堂入りしたため、その後の展開企画案を検討していたところ

実際に「宇宙食」を作ってみようか?というアイディアが社内出て、

それが、役員会でやってみようということで、即決で決まったとのことです。


宇宙へのチャレンジ、とかく、日本人はその気質から

高い目標を掲げるのを恥ずかしがる文化があり、なかなか、

宇宙という発想が出てこないですが、サガミ様は、やってきようと

サクッと意思決定されたそうです。


それはなぜなのか?


その点を、サガミレストランツ(株)の鷲津社長に伺うとサガミホールディングの会長様が、元々商社マン(伊藤忠商事)出身で視野が広いので、宇宙というカテゴリーにも

違和感なかったのではとコメントされていました。


ロケットからラーメンまで、まさに総合商社のDNAを持つ

サガミ様だからこその宇宙食へのチャレンジなのだと強く感じました。


この宇宙食をどのように今後展開されていくのか?

サガミホールディング様から目を離せません。

今後の展開もしていければウオッチしていければと思います。

​Copyright© 株式会社ダッハランド All Rights Reserved.